オールインワン

フィトリフトの成分からわかる危険性とその効果とは!?ハリアップ!?

投稿日:

オールインワンで長年人気を継続しているフィトリフトですが本来の効果とは一体どういうものなのでしょうか!?

何に特化して良いオールインワンなのか?成分に悪いものは入っていないか?などフィトリフトの気になる効果成分をみていきましょう

フィトリフトの成分は?

フィトリフト成分表

水、BG、グリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(※1)、ハイブリッドローズ子房エキス(※2)、ダイズエキス、アセチルヒドロキシプロリン(※3)、アセチルヒアルロン酸Na(※4)、ヒアルロン酸Na(※5)、グルコシルセラミド(※7)、リンゴ果実培養細胞エキス(※8)、オリゴペプチド-24(※10)、アセチルデカペプチド-3(※9)、レチノイン酸トコフェリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(※6)、白金(※11)、オウレンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、アルギニン、ジメチコン、セテアリルグルコシド、カンテン、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、α-グルカン、キサンタンガム、レシチン、ポリソルベート80、トコフェロール、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

引用元:フィトリフト公式

フィトリフトの危険な成分は?

化粧品で有名な危険成分として防腐剤がありますが、その防腐剤のパラベンは入っていないようです。

しかし防腐剤が入っていないわけはありません。腐ってしまいますからね。

パラベンの代わりにブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルが使用されています。こちらの成分は多少の刺激性がある成分ではあるのですが、使用量に制限があり、しっかりと安全性が確保されています。

 

フィトリフトの効果とは!?

フィトリフトが効果があると謳っている(うたっている)のはハリアップ効果です。

これはフィトリフトにハリネットポリマーという形状記憶ゲルが含まれていて、この形状記憶ゲルが肌表面で効果を発揮するとされています。

  • ハリネットポリマーとは?

ハリネットポリマーは肌をピーンと伸ばす役割をしているというより、肌を平たんな状態に保とうとします。この形状記憶ゲルは元の形にもどろうとするものではなく、平たんな状態を保とうとするゲルなので、肌表面に浸透すると、シワの間に入り込みくぼんだシワをピーンと平たんに戻そうとする力が働くことでハリアップにつながるというわけです。

 

フィトリフトでそのほかに言われる効果として多いのが保湿力です。

ハリに効果がなくても保湿力は感じることができたという人も多くいます。

美容液成分でほとんどできているので、保湿力も十分です。

それに踏まえハリアップ、エイジング効果のあるので、フィトリフトは若い層から歳の多い層まで人気を保っているというわけですね。

-オールインワン

Copyright© 〓オールインワンマニアのアジト〓貴方の肌に会うモノを見つけます♫ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.